ブログをリニューアルしました

【Mr.Children】僕が落ち込んだときに聴く歌詞・PVが秀逸なミスチルの楽曲3選

さてタイトルからしてどうでもいいと思う方も少なからずいることでしょう。
ただいつも僕がMr.Childrenが大好き(桜井和寿さんリスペクト)だと公言しているので自らキュレートしていきます。そしてミスチルの曲にリンクさせて僕のアツい想いも綴ります。
ということで第一弾は落ち込んだときですね。

 

くるみ

これはいつもPVを見ながら涙します。メンバーも「くるみ」のPV一番好きと公言しています。25枚目のシングル「掌」「くるみ」の両A面。ちなみにミスチル唯一の両A面。アルバム「シフクノオト」にアレンジされて収録

「良かっただけ思い出して やけに年老いた気持ちになる。」

うん。あのときはよかったこの時はよかったなと思うときありますけど、常に過去は無敵だったなと思う訳で、今が一番輝いてるんだと言い聞かせて、今を一生懸命生きてます。

出典元はちょっとわからないのですが、くるみのタイトルにはこれからくるみらい(来る未来)という意味と未来と反対の来未(くるみ)で過去を言い表しているらしいです。

Mr.Childrenのボーカル桜井さん自身も

「最初はそう思わなかったけど、この曲がMr.Childrenの原点のような気がする」

と語っています。

 

Prelude

この曲は、LIVE映像で見ます。カラオケでも実は一番歌います(みんなあまり知りませんが)。16作目のオリジナルアルバム「SENSE」に収録。

光の射す方へ、英雄、自分探しの旅、その向こうへ、、、、などなど過去のミスチル楽曲のエッセンスがあちらこちらに。ファンにはたまらない一曲です。

演奏時間が7分近くと長いのも特徴。アルバムの中で唯一のフェードアウト楽曲。

長いこと続いてた 自分探しの旅もこの辺で終わりにしようか 明日こそ誰かに必要とされる 自分を見つけたい

自分というものは周りの人で照らされている。そういうもんです。

 

終わりなき旅

言うまでもありませんね。何度皆さんの心を後押ししたでしょうか。

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて きっときっとって 僕を動かしてる

高ければ高い壁の方が 登ったとき気持ちいいもんな まだ限界だなんて認めちゃいないさ

曲の転調がMr.Childrenの楽曲では最多の9回ある。

ライブももちろん行きましたが、全員大合唱で感動でした。

 

 

このブログを書きながら、改めてMr.Childrenの、Mr.Childrenの楽曲のすばらしさを感じました。今日もミスチルを聴きながら移動し眠りたいと思います。