ブログをリニューアルしました

株式会社設立(法人化)か、個人事業主継続か?メリットを中心に解説

友人から相談があり、今父親が個人事業を営んでおり、法人(株式会社)にするか迷ってるからいろいろ教えてほしいということで改めてメリット・デメリットまとめてみました。

株式会社のメリット(個人事業のデメリット)

社会的な信用力

取引先に向けて

現代社会ではフリーランスの働き方なども注目されつつあり、一概には言えませんがまだまだ個人とは取引しないといった会社もあるようですね。

採用の幅が広がる

働く人にとっても、法人の方が社会保険などの整備もあり安心感がありますね。

融資や資金調達

法人には多くの融資商品があるなど門戸が開かれており、個人に比べれば細かく厳しい経理処理や手続きが必要なため、金融機関から見ても信用力・信用度が高いといえます。

節税の手段が豊富

経費の幅が広い

生命保険をはじめ、自動車、社宅、退職金、なども経費計上できるものがあるので大きく幅は広がります。

家族への給与

個人事業では原則として家族に給与を支払えませんが、法人の場合は家族に自由に給与を払うことができます(もちろんしっかり事業に携わってないとダメです)。

所得税

個人事業は所得が増えれば増えるほど税率が高くなっていきますので、ラインとしては年間所得500万〜1,000万円くらいのラインで法人化を検討してみてはいかがでしょうか?

個人事業のメリット(株式会社のデメリット)

社会保険の負担が少ない

法人の場合は社会保険(健康保険・厚生年金保険)の強制適用事業者になり、必ず加入しなければなりません。もちろん従業員の分も全員です。個人事業主は国民健康保険と国民年金に加入すれば問題ないです。

利益が出ていなければ税金もかからない

法人の場合は住民税等の均等割で最低でも毎年約7万円は赤字になっても税金を支払わなければいけません。

事務負担も少ない

事業の開始や廃業も簡単にできる

個人事業の場合、書類を2種類提出だけで事業開始できます。法人の場合は登記や煩雑な書類があるので行政書士などに頼むことも多く、自分でやる場合でも20万円以上の費用がかかります。

確定申告も簡単

個人事業主の青色申告は自分で簡単にできます。法人の申告は、基本的に税理士に頼むなど、また費用がかかります。

交際費を全額経費に

個人事業では交際費は全額経費に認められます。ただ平成25年4月1日以後の事業年度から法人も交際費で経費にできる限度額は600万円から800万円に。さらに割合も90%から100%になったのでそこまでのデメリットともいえなくはなっていますね。

まとめ

以上簡単でしたがいかがでしたか?考え方はいろいろあると思いますが、まず目標なのか現段階の数字をしっかり把握して、メリット・デメリットを踏まえて検討してみてください。