ブログをリニューアルしました

【永久保存版】僕が大好きだったKinki kids出演ドラマ8選

タイトル通り当然小学校中学校の際はKinki Kidsが大好きだったわけで、硝子の少年から始まり毎日口ずさんでおりました。楽曲も大好きでしたがお二人の演技も大好きでして(個人的には特に剛くん)…今回はドラマをまとめたいと思います。

堂本剛、堂本光一ともに出演

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら~ (TBS)

『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』(にんげん・しっかく たとえばぼくがしんだら)は、1994年7月8日より9月23日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に、TBS系列の「金曜ドラマ」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は赤井英和。

-wikipediaより-

なんといってもこれ。Kinki Kidsの二人が俳優として注目され始めた代表作でしょう。まだ小学校にも入りたてのような時期に衝撃を受けました。
は「少年を殺したのはどの愛か」。倫理的にタブーとされていた、いじめや体罰、虐待、自殺、同性愛などの話題を扱ったことから大きな話題になりましたね。

脇を固める役者も斉藤洋介や、黒田勇樹、加勢大周、小橋賢児、桜井幸子、横山めぐみなど豪華な面々が名を連ねてます。

ちなみにKinki Kids主演かと思いきや、赤井英和さんの連続ドラマ初主演作品というのは意外でした。DVDも借りて4回は見てますね。


若葉のころ (TBS)

貧しくも弟と妹と共に懸命に生きる武司、対照的に温室育ちの甲斐。育ちの違う二人が同じ高校に入学し出会い、友情を育んで行く。だがそれは悲劇の始まりを告げていた。様々な運命が交差する青春群像物語。

-wikipediaより-

アルバイトで生計を立てる相沢武司(堂本剛)、医師の息子として裕福な家に育った藤木甲斐(堂本光一)の友情、悲劇が交差するこの青春ドラマ。そこに奥菜恵演じる蒔田泉をめぐる恋模様も絡み合う。お父さん役の根津甚八、宅麻伸の演技も秀逸ですね。最後は事故で昏睡状態になった甲斐。最終話のタイトル「生きることの意味、死ぬことの答え」今でも忘れないですね。

主題歌はKinki Kidsの「FRIENDS」


ぼくらの勇気 未満都市 (日本テレビ)

千葉県の臨海幕原(幕張がモデル)地区で大地震があったとのニュースが流れる。ヤマト(堂本光一)は友人キイチ(小原裕貴)を探しに、タケル(堂本剛)は災害ボランティアをしに幕原地区に乗り込む。だが、地震というのは政府による情報操作で、実際には微生物「T幕原型」に汚染されてしまうというバイオハザードが発生、大人は死に絶え未成年だけの街になっており、町全体が封鎖されていたのだ…。その後、ヤマトやタケルは、様々な問題や事件を乗り越えながら仲間をつくり、力を合わせ暴力に支配された子供だけの街に秩序を築いていく。

-wikipediaより-

成人すると微生物により死亡するというもはやSFチックなドラマ。僕の中の歴代一番美人ランキング1位の宝生舞、嵐の松本潤(当時すごいかわいかった)、相葉雅樹、矢田亜希子らが脇を固める。

未満都市と書いて、みまんしてぃとよむ。キャッチコピーは「ぜんぶ、なくなった
。みんな、きがついた。やっと、きがついた。」

さらにwikipediaによると

VHSが全5巻、またVHSのレンタル版がリリースされている。しかし当時、少年凶悪事件などが多発し社会問題になっていたため世論に配慮して発売を自粛、VHSの発売は翌年(1998年9月5日 – 10月5日)となり、レンタル開始も放送が終了してから約1年後だった。なお、放送終了後に不祥事でジャニーズ事務所を解雇された出演者や、ジャニーズ事務所を退社し芸能界を引退している出演者がいるため、肖像権の問題等で現時点でDVD化はされていない。

とのこと。

主題歌はKinki Kids「愛されるより 愛したい」、第2シリーズではKinki Kids「Kissからはじまるミステリー」

堂本剛出演

金田一少年の事件簿 (日本テレビ)

名探偵・金田一耕助の孫、金田一一(きんだいち はじめ)が、幼なじみの七瀬美雪、警視庁の剣持勇警部と様々な難事件を解決するテレビドラマ

堂本剛の代表作。僕ら世代で見てない人の方が少ないんじゃないですかね?

堂本剛、ともさかりえの掛け合いもよかったですねー。嵐の松本潤、KAT-TUNの亀梨和也、Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演のパターンも見ましたはやはり個人的に剛くんのが一番ですね。

印象に残ってるのは当時怖くて目を背けっぱなしだった「雪夜叉伝説殺人事件」、金田一が何者かに撲殺される「これで見納め?! 金田一少年の事件簿 永久保存版 はじめちゃんが殺害された! 〜金田一はじめの葬儀実況中継!! その時何かが…〜」ですね。棺の中から事件解決なんてさすがでした。

主題歌は堂本剛「ひとりじゃない」


to Heart 〜恋して死にたい〜 (TBS)

プロボクサーを目指す青年・時枝ユウジ(演・堂本剛)と彼に思いを寄せている少女・三浦透子(演・深田恭子)の純愛を片思いの切なさを通して二人の関係を絶妙に描いていく。

-wikipediaより-

実は第5話で堂本光一が少しだけ出演している。

深田恭子演じる透子の健気な片思いに胸がキュンとなりました。深田恭子今でも可愛いすぎる。

主題歌はKinki Kids「to Heart」


青の時代 (TBS)

不良グループのリュウ、トシ、マサシは、ゲームセンターの経営者・本田からバッグをひったくる。偶然現場に居合わせた弁護士の榛名がリュウを追い詰めるが、逃げられてしまう。青春時代をめぐる友情と愛、憎しみと苦悩の物語。

-wikipediaより-

堂本剛、奥菜恵の再共演!不良少年の青春に少し憧れましたね。上川隆也演じる弁護士が2重人格でこの演技も見所。

主題歌はKinki Kids「青の時代」


Summer Snow (TBS)

両親を亡くし、自転車店を営みながら弟妹と暮らしている夏生と心筋拡大症を患いながら信用金庫に務めるユキのラブストーリー

-wikipediaより-

ヒロインに広末涼子、今井翼、池脇千鶴、小栗旬、中村俊介、国仲涼子、原日出子、角野卓造、塚本高史がキャストして名を連ねている。今でも大活躍の面々ですね。話はそれますが広末涼子さんは僕の地元高知の大スターです。

主題歌はKinki Kids「夏の王様」

堂本光一出演

銀狼怪奇ファイル 〜2つの頭脳を持つ少年〜 (日本テレビ)

父母を亡くし、父の友人・小早川順三郎に育てられた不破耕助は、順三郎の娘で姉同然の冴子と3人暮らしをする普通の高校生である。しかし、殺人事件に巻き込まれて命を失いかけて以降、「銀狼」と名乗る粗野で冷徹な別の人格が現れるようになった。耕助の頭蓋骨内には、優しく大人しい性格の普通の高校生「耕助」と、IQ220をもつ天才「銀狼」の2つの頭脳があり、危険が迫った時切り替わるようになっていることが分かった。
それ以後、耕助が通う天神学園で奇怪な殺人事件が起きるようになった。もはや超常現象としか説明しようのない不可能犯罪に対し、銀狼はその天才頭脳を駆使し、次々と科学的に事件を解決していくが、過酷な試練が待ち構える。やがて銀狼誕生の秘密や、全ての事件の裏に潜む「金狼」の存在、そしてその正体が明らかになっていく。

-wikipediaより-

光一くんの代表作。だと勝手に思ってますが全体通しても一番みた作品かもです。「首なしライダー」「破壊の死神」「金狼」など印象的な回ばかりです。銀狼の決め台詞「俺に不可能はない」、口癖の「俺をなめるなよ」や「なめてンじゃねェぞ」、「なるほどね」を真似したものです。

オープニングテーマは近藤真彦「ミッドナイト・シャッフル」

エンディングテーマは堂本光一「僕は思う」


家なき子2 (日本テレビ)

安達祐実の代表作「家なきこ」の続編としてOA。光一はすずの最大の理解者でボクサー志望で特待生の少年役を演じた。榎本加奈子演じる絵里花の「絵里花がたとえてあげる」は記憶にある名台詞です。

前作以上に過剰ともいえる演出に対し視聴者から批判的な意見が寄せられた。特にご飯にペンキ(インク)をかけて相手に食べさせるシーンが放送された後、読売新聞に「内容が過激すぎる」「食べ物を粗末にするな」といった視聴者からの意見が掲載された。

-wikipediaより-

以上僕が個人的に大好きなKinki Kidsのドラマまとめました。アディオス。