ブログをリニューアルしました

習慣が行動を支配する。一流の人は習慣にこだわる。

日々何気なくやっている一つ一つの作業にも癖や習慣はつきものです。一度立ち止まってこの本を手にとってみてください。

「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?」小川晋平、俣野成敏 著

一流と二流を分ける「朝の習慣」

・頑張らずに成果を出し続けるのが一流

・自己管理の対象としてフォーカスすべきは、「やりたくないけど成果が出る」領域

・「成果を出すこと」を最優先して物事を決めていく

・コントロールできるところはすべてコントロールする

・現状を変えたいなら大きなことから変えていく

・自分の弱みのメカニズムを知る

毎日走ろう!と決めても仕事終わりで頭もフル回転させてクタクタ。。食事で精一杯。。なんてことりますよね。まず本当に大事なことは朝のエネルギーがあるうちにやっちゃいましょう。最初はつらくても習慣になるような仕組みを作っていってまずは1週間!ですね。

仕事が最速で動く「昼の習慣」

・スケジュールは重要なことから埋める。その中に自分も組み込む

・「やらないこと」を決めるためにあえて「やって」試してみる

・アタマを使わない努力

・人のやる気は5秒で終わる

・成果はかける時間ではなく集中度で決まる

・集中できる環境作りにこだわる

・同時進行できるものを増やす

・苦労は一括払い

徹底して集中できる環境作りは個人でもそうですし、そういった環境を作ってあげられるかも経営者の自分としてはすごく大事なポイントだと思います。ほんとに結果の差は集中力だと僕も思ってます。やる気ってのもあやふやなものでやる気がでたらさっさとやってしまいましょう。”思い立ったが吉日”です。

人脈と可能性を拡げる「夜の習慣」

・ビジネス交流は趣味だとわきまえる

・人脈の基本は相手に役立てることを見つけること

・夜は問いを立てる時間に充てる

・寝不足は人生の残業

夜に一人で会社にいたり家にいたりすると、なぜか急に脳が動き始めて、あれこれえ手をつけようとしたけど、決断ができておらず結局ダラダラしてしまっただけ。。。みたいな経験が僕にもあります。睡眠時間を意識しながら夜は単純な作業をする時間と割り切ることで肩の力が少し抜けるかもしれませんね。

脳と体のキレを上げる「毎日の習慣」

・スマホを使わない時間を決めておく

・時代はフォルダからタグへ。情報収集の効率化

・自己管理は治療より予防

毎日の習慣で何気なくやってることをまず把握しよう。移動中むやみに携帯ゲームをやってりダラダラとエンタメニュースを読んだりしていないですか?自分の目的や長期的な目標のために少し億劫なことでもまずは毎日習慣化してみましょう。

成長を加速させる「毎週・毎月の習慣」

・毎週振り返りと課題の整理

・苦手なものはタスク化

・戦略よりも実践力!

・無目的な貯金は究極の死に金

・最も高利回りで低リスクの投資対象は自分自身

継続は力なりですが、方向が間違っていれば修正したり改善したりしましょう。苦手なことでも必要なことはタスク化したり、自分自身に投資してさらに稼げる力をつけましょう。

視座を高める「毎年の習慣」

・卓越は継続からしか生まれない

・スケジューリングに早すぎるはない

・「自分でやること」

ichiryusyukansen

まさに継続は力なりです。30年先のイメージはなかなかできないかもしれませんが、当たり前を確実に変化させていけるのは日々の習慣です。過去を振り返り、自分の癖も把握した上で改善・改良していきながら学びを蓄積し、仮設と行動を繰り返しましょう。本を読むことはもちろん大事。人に聞いたり、師匠をもつことも非常に大事。当然ですが一番大事なのは自分でやってみることです。

志を貫く「一生の習慣」

・体験価値にお金を惜しまない

・当たり前のことに感謝する

・「明日をどうよくするか」だけ考える

・自己管理はタスク管理ではない

目指したいことも大切ですが、続けたいことも自分で決めるもしくは認識することが習慣化の一歩です。どういう人でありたいか。そこを起源として自らの得たいものややりたいことを広げていくといいかもしれませんね。

まとめ

この本を読んでよし!ではなく一つでもいい習慣を始めていきましょう。繰り返し行っていることが自分自身の紛れもない本質なのです。