ブログをリニューアルしました

ブログを始めて105日が過ぎたところで、振り返りたいと思います。

弊社の当ブログ運営開始から50日経ったとき、7/7に「【ブログ開始から50日】やってみて得た結果、感じたことなどまとめてみた。」と投稿しておりました。

今読むと、全然まとまりがない文章ですね。。というか、私の文章自体がいつもまとまりがなく、あっちこっちに散らばってしまうのが、悪い癖なのですが、、、鋭意修正中ですので、もう少し温かい目でお願い致します。m(__)m

前回の記事と照らし合わせて、この55日間、どのような変遷を辿ったのか、定量的な面、定性的な面でまとめていきたいと思います。

 

トピックス

前回と大きく異なるのは、ブログ内にAdsenseを設置したことです。つまり収益化を始めました。その他関連性ある投稿に対して、アフィリエイトリンクも追加することにしております。

目的はあくまでもインバウンドによる案件の受注なのですが、ブログの運用コスト、リソースも馬鹿にはならないので、ある程度のモチベーションという意味で導入致しました。

 

定量分析

ここでは主にGA、Adsenseから取ってきた数字をまとめていきたいと思います。

全体サマリー

項目実績前月比
投稿数12+33%
PV数21,894+78%
Adsense¥4,552

投稿数に関しては、1日1本の目標には遠く及ばずでしたが、後述するソーシャル流入、既存記事の伸びなどで結果的に全体PVを押し上げる形になりました。しかし、9月に入って、1番PVを稼いでいる記事の流入が減っているため(GRCによると検索順位の低下)、記事数は1番重要な指標として、あげていく必要があるかもしれません。

社員個別サマリー:投稿数

実績前月比
2+2(前月0)
1-1(前月2)
7+2(前月5)
2±0(前月2)

こちらは単純に活動量を表すものになります。誰が忙しくて、誰が暇か一目瞭然ですね。

社員個別サマリー:PV数

実績前月比
3,679+20%
9,780+53%
4,451+294%
3,261+144%

こちらがTOPページなどを除き、著者に基づいた記事のPV数の合計になります。田代の伸びが半端ないですね(`・ω・´)

オーガニック検索

ブログ105日のwmt

こちらはWMT(ウェブマスターツール)から取得したグラフになります。オーガニック検索(YahooやGoogleなどの自然検索)は順調に伸びておりますが、先述したように稼ぎ頭の記事の検索順位低下が気になります。次の稼ぎ頭をどんどん量産していかないとだめですね。

ソーシャル

ブログ105日のfacebook投稿

すごくしょうもない記事ですが、ソーシャルで一定以上のバイラルを得ることが出来ました。弊社でも一時期バイラルメディアを運用しておりましたが、オリジナルコンテンツの重要さを改めて感じた瞬間でもありました。(バイラルメディアの記事に関してはこちら)

 

ここまでが定量分析になります。実際分析というほどでもないですが。。。汗

次に定性的なところをさくっとまとめていきたいと思います。

 

定性分析

定性的な部分に関しては、主に私の所感的な部分が強いので、さくっとまとめたいと思います。

量と質のバランスについて

どうしてもある程度の質を求めた記事を書こうとするとネタを探しがちですが、どうしてもそれだとそれを理由に更新が疎かになりがちです。まずは質よりも量を重点に運用していくことが大事かと思います。実際に何がユーザーにハマるかはわからなので、とりあえずやることが重要かもしれません。

ブランディングと収益化のバランスについて

8月よりAdsenseを導入し、収益化を始めた訳ですが、コーポレートブログとしてあるべき姿と目の前のモチベーションするツールとしてのバランスが非常に難しいなと思います。また、このような中途半端な状態が一番よくないとも思っております。

LIGさんなんかは、コーポレートサイト内に広告枠を持ちつつも、しっかりと企業としてのブランディングがうまくいっている最たる例だと思います。

株式会社G-Frotierって何の会社?という部分に対しての解がまだまだ明確ではないが故の問題だと思いますので、今期それは解決出来る問題として取り組んでいきたいと思います。

個人のモチベーション

一番の課題はここです。みな、本来の仕事があり、ライティングの得手不得手もあり、ぶっちゃけ「めんどくさい」んですよね。また当たり前ですが、それぞれモチベーションポイントが違うため、そこが大きな課題となっております。

 

まとめ

ブログを始めて105日でPVが2万は悪くないのかなと思います。以前楽天に勤めておりましたが、出店3ヶ月でPVが2万超える店舗様にはなかなか出会うこともなかったので、単純に比較はできませんが、いい方向を向いていることは違いないと思います。

個人の活動量みても私が一番の暇人であることが判明したので、これからも牽引していきたいと思います。