ブログをリニューアルしました

アドラーに出会えたならもう大丈夫。心理学の巨人が遺した「幸せの答え」

フロイト、ユングに並ぶ心理学の巨人アルフレッド・アドラー。自己啓発の父と呼ばれた彼の言葉集。サッカーを諦めたころは闇雲に自己啓発的な本を手に取り読んでた気がする。今改めてこういう本を読むのもいいね。

全てはあなたが決めたこと

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は極めてシンプルである。

情報もたくさんあって、日々の仕事も大変で、、、なんて考えて不安を考え出すとなぜかそちらの方にはどんどん膨らんで考えてしまうのが人間なのかね。シンプルに目的追求。行動が全て。

遺伝や育った環境は単なる「材料」でしかない

敗北を避けるために、時に人は自ら病気になる

「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。

「変われない」のではない。「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

結局判断をして行動をしているのは自分。判断を下して、言い訳をあとあとつけていくだけなんだね。目的をはっきりと。自戒。

感情には隠された目的がある

不安だから外出できないのではない。外出したくないから、不安を作り出しているのだ。「外出しない」という目的が先にあるのだ。

感情に振り回されず、しっかり目的、目標を見て判断・行動しよう。

「わかっているけどできません」は「単にやりたくない」だけ

性格は今この瞬間に変えられる

3つの価値観

「私は◯◯である」「世の中の人々は◯◯である」「私は◯◯であらねばならない」性格の根っこはこの三つの価値観があるとアドラーはいう。自分を変えていく第一歩は根本にあるライフスタイル・価値観を把握することだと思う。

幸せになる唯一の方法は他者への貢献

これはよくわかる。誰かのためにとかの方が自分のためにより力でるね確実に。不安になったらまず誰か身近な人のために何かやってみよう。

今回はメモ的に特に気になったところを書いた。また追記していきます。